HOME > コンサルティング > 研修・トレーニング > 組織を動かし目標を達成する、コミュニケーションデザイン技術

組織を動かし目標を達成する、コミュニケーションデザイン技術

すべてのシゴトは人との関わりで完成します。協力会社、上司、同僚、部下、他部門の担当者、お客様など… 。 この関わりの質を決定づけるのがコミュニケーションであり、これが適切に行われなければ意思と意函が上手く伝わらず、製造トラブル、顧客トラブルの元凶となります。 本研修では、相手にどのように伝え、関わり、信頼される関係を築いていくのかを演習を通じて学びます。

約8割の企業が、社内コミュニケーションに課題を抱え、約7割の企業が「部門間の壁」を問題視し、多くの企業が「コミュニケーション力」を採用選考時に重視しています。他方、企業が求めているコミュニケーション力の定義は未だに明らかになっておらず、「コミュニケーションの課題」が組織の目標達成を阻む要因として立ちはだかっています。 本研修では、組織の目標達成を阻むコミュニケーションロスの正体を明らかにするとともに、顧客、協力会社、上司、他部門、部下を味方につけ、組織の目標を達成するためのコミュニケーションデザイン技術を学びます。

・チームリーダーや管理者およびリーダー候補者
・協力会社、上司、同僚、部下、他部門の担当者、お客様とのコミュニケーションで苦労している方
・業務の引継ぎや部下の指導で苦労している方
・説明やプレゼンテーションが苦手な方
・コミュニケーションが目標達成に及ぼす影響について知ることができます。
・人の感情と脳の働きを知って、効果的なコミュニケーションをとれるようになります。
・分かりやすく伝える技術(情報整理と可視化)を身に着けることができます。
・共感を得るコミュニケーション技術で、協力者を増やすことができます。

管理者向けコミュニケーションデザイン研修のダイジェスト動画(約10分)です。


プログラム
<研修時間:6時間>

第1章 組織におけるコミュニケーションの課題

・組織の問題、貴社は当てはまりませんか?
・約8割の企業が、社内コミュニケーションに課題
・上司と部下は、なぜ分かり合えないのか?
・68%が「部門間の壁」を問題視
・「部門間の壁」ができるプロセスを確認しよう
・正解のない、VUCA時代のマネジメントスタイル
・マネジメントにおける3つの役割(ピーター・ドラッカー)

第2章 組織の目標達成を阻むコミュニケーションロスを突き止める

・コミュニケーションロスとは
・コミュニケーションロスが企業に及ぼす大きな影響
・コミュニケーションロスが起こる原因
・属人化の要因の一つは、コミュニケーションロス

第3章 コミュニケーションの本質を知れば、やるべきことが見える

・社会人に最も必要な能力はコミュニケーション力
・コミュニケーションとは何か?
・コミュニケーションがうまくいかない、ホントの理由
・コミュニケーションの普遍的な目的は何か?

第4章 VUCA時代のリーダーが身に着けるべき思考技術

・結果管理からプロセス管理へ
・思考とは何か?
・コンセプチュアルスキルを鍛える
・ロジカルシンキング、クリティカルシンキング、ラテラルシンキング
・思考ツール(フレームワーク)を活用しよう
・思考の切り口、正しい「問い」を持つ

第5章 思考の言語化技術と正確に伝える技術

・行動科学マネジメント(人間の行動を科学的に研究)
・分かりやすく伝える技術(分かりやすさとは何か)
・論理的に伝えるもっとも簡単な方法(すぐにできる!)
・サンドイッチ話法(SDS法、PREP法)で伝える
・実はほとんどの人ができていない、事実と意見の分離
・分かりやすく伝えるための書く技術

第6章 人の感情(心理)と脳の働きを知る

・ストループ効果
・脳は無意識に情報を書き換える
・脳は前提に影響を受けて判断する
・脳は存在しないものを存在させる
・脳は見えているのに見えなくする
・行動経済学から学ぶ、人の非合理性とその傾向
・RAS:網様体賦活系の働きを知ろう
・スコトーマ(心理的盲点)を外すと世界が変わる

第7章 相手を意図どおりに動かす技術

・自己認識(95%の人は自己認識ができていない)
・セルフマネジメント(アンガーマネジメントとセルフイメージ)
・論理的に伝えるもっとも簡単な方法
・他者認識(人間の本質・脳の仕組みを知る)
・他者に影響を与える(相手のフォーカスを変える)
・チームを動かす、チームビルディング
・ティーチングとコーチング
・ファシリテーション技術

関連ソリューション