【東京セミナー】
2月13日:技術者・研究者のためのわかりやすい文章をすらすら書くコツ

テックデザイン主催のセミナーにダイテックが講師として登壇します!
「文章作成が苦手」「よく修正される」「時間がかかる」などとお悩みの方も多いと思います。本講座では、「スピーディー」に「理解しやすい」「説得力のある」文章を書くためのトレーニング方法を演習を交え解説します。

タイトル 技術者・研究者のためのわかりやすい文章をすらすら書くコツ
開催日時 2020年2月13日(木) 10:00~17:00
開催場所 リファレンス西新宿 会議室(東京 新宿駅)
内容 1.文章の質があなたの年収を決める

 文章の質は、あなたのパフォーマンスを代弁していることを自覚しているか。
  ・なぜ文章力が必要かを理解しよう
  ・良い文章と悪い文章の違いを見抜け
  (良い文章は目的を達成する。目的のあいまいな文章を作成してはいけない)
  ・報告のための報告ではダメ!
  ・ものごとを動かす文書作成を目指そう

2.文書作成のスピードアップのコツ

 スピーディーに作成できれば、本来業務にもっと時間を費やすことができる。
  ・型を覚えれば、文書作成は早くなる
  ・目的に応じた文書の型
  (5W1H、5W3H、結論から書くか背景から書くかの判断)
  ・逆算方式で書く技術
  ・さまざまなビジネス文書
  (報告書、議事録、企画書、提案書など)
  ・文章はテクニカルライティングで書け

3.ものごとを動かす文書

 文書の目的は、関係者の意思決定を促し状況を変えることにある。
  ・世界は文書で変わる
  ・効率と効果の関係を理解しよう
  ・意思決定を促すために何を伝えるかを明確にする
  ・自分のホントに伝えたいことは何かを明確にする
  ・相手を洞察し、思いどおりに動かす

4.文書力は習慣によって身につく  

 文章力は知識ではなく、習慣(トレーニング)によって身につくものである。
  ・量は質をつくる
  ・言語化技術を身に着ける
  ・思考とは何かを意識しよう
  ・コトバにできるは未来を創る

5.頭の中にあることを言葉にするトレーニング 【演習あり】

 考えを正確に言語化できれば、文章はすらすら書けるようになる。
 ブレーンストーミング、マインドマップ、ロジックツリーなどをグループワークで体験。
  ・感情を言語化する
  ・思考を言語化する
  ・右脳と左脳に働きかける
  ・ロジカルシンキング

詳  細